リビング学習のススメ その2

クラージュプラスの上木嵩大です。

”リビング学習”をインテリアから考える「リビング学習のススメ」第2回です。

前回は、素敵な学習空間・作業スペースの第一歩としてFritz Hansen(フリッツハンセン)のキャスター付きSeven Chair(セブンチェア)をご提案しましたが、

今回は、照明から勉強が楽しくなるお洒落な”リビング学習”コーナーを考えていきます。

「勉強するスペースなのだから、明るくしないと目が悪くなってしまいそう・・・。でも、リラックスの場でもあるリビング・ダイニングは少し落ち着いた灯りにしたい。」

この理想を叶える解決策が、タスク&アンビエントという考え方です。

これは、タスク(「作業」=部分)の照明と、アンビエント(「環境」=全体)の照明を分けましょう。という考え方です。

リビング・ダイニングのアンビエント(全体)照明はダウンライトとペンダントライトで優しく落ち着きのある照明にして、

学習コーナーには、タスク(部分)照明としてフロアランプやテーブルランプを置いてしっかりと手元を照らすことで、目にも優しい空間にすることが出来ます。

現在、世界的にも有名なデンマークの照明ブランドLouis Poulsen(ルイスポールセン)では、対象のフロアランプとペンダントランプをセットでお得に購入できるキャンペーンを開催中です。

詳しくはコチラ!

 

お問い合わせ・ご予約は下記まで

TEL – 082-234-5333

 

PAGE TOP