コンセプト・受賞歴

代表取締役
インテリアコーディネーター
上木 浩二/ueki koji

家を建てる。

リフォームする。

それは、人生の一大イベント。住む人の暮らしは、家づくりやリフォームで大きく変わります。

しかし、せっかくの自分たちの為の家づくりやリフォームなのに、暮らし始めてみると、「なんだか居心地がよくない」ということが、残念ながらよく起こります。家づくりやリフォームの際は、まず間取りを提案され、間取りが決まったら、仕上材や建具、照明などを選びます。多くの方は、家の完成間近にカーテン、家具を購入されます。具体的な生活シーンのイメージがないまま選んでいくと、全体のバランスがとれなかったり、暮らし始めてからの違和感につながったりします。


自分たちの好みに合う、居心地の良い空間をつくるには、間取り決定前に

家具→照明→カーテン→仕上材

というように、イメージしやすいものから選び、決めていく方法があります。もちろん、イメージの強さは人によって違いますが、「座る」、「くつろぐ」というように、毎日の暮らしのなかで、長い時間、体を預けることになる椅子やソファの居心地の良さは、家で過ごす年月を考えればとても大切な要素です。一人ひとりの体格や、座ったときの体感に合わせた家具選び。そこから始めることで、自分の好みや隠れた要望に気づく人は少なくありません。また、家具選びから始めることで、実際の暮らしをイメージしやすくなり、バランスがとりやすくなります。好みの家具を配置してみると動線も確認しやすくなりますし、間取りの最終決定前であれば改善もできますね。

「服をコーディネートしてもらえたら・・・・」と思われたことありませんか?
家具・照明・カーテン選びも、コーディネートで差がつきます。インテリアは「見えない服」。住まう人に似合わなければ、居心地が悪くなるのは当然ですね。
住まう人に似合うインテリアは、自分自身もまわりの人も心地よく、日々の生活を豊かにしてくれます。

似合うインテリアは、その人自身でもあるように思います。まさに、人生の「質」そのものです。
一方、似合わないインテリアを選んでしまうと、「せっかくお金と時間をかけて考えたのに、何かが違う・・・? 私には、無理だったのかしら・・・?」という後悔にもつながります。
今の時代、本当にセンスが良い人が多いと思います。ただ、家全体のコーディネートに慣れている人はそう多くはないでしょう。それこそが違和感の原因です。クラージュプラスの『インテリアから始まる家づくり』なら、住まう人のセンスを活かした住まう人に本当に似合う、お好みの空間になります。

暮らしに便利な機能を兼ね備えた本物のデザイン、コーディネート、設計、施工であれば、空間は「生き」、人は「活き」ます。・・・つながります。私たちは、お客様の「想い以上」の住空間を実現するため、「あれもこれも」お伺いします。そして、お客様の言葉に隠された、「潜在的な要望」を形に・・・。それが、『本物はつながる®︎』。クラージュプラスが提案する、「トータルコーディネート」です。

社是である「喜んでいただいて、喜ばせていただく」こと。自己満足ではなく、お客様の本当の笑顔と喜びを糧に、日々を邁進していきます。

受賞歴

【住宅】 【 平成26年度 住まいのインテリアコーディネーションコンテスト 全国一位 経済産業大臣賞 】
三原の家〜茶室のある離れ〜
【住宅】 【 平成26年度 住まいのインテリアコーディネーションコンテスト 優秀賞 】
Like a ELLE DECO 遊び心満載のSOHOに
【住宅】 【 平成25年度 住まいのインテリアコーディネーションコンテスト 全国一位 経済産業大臣賞 】
らしさを大切に繋いだ優雅な空間
【住宅】 【 平成24年度 住まいのインテリアコーディネーションコンテスト 優秀賞 】
三百年の歴史を持つ伝統の日本家屋を繋ぐ
PAGE TOP