S邸 使い方の変化に合わせて住まいを変える楽しみ

コーディネート:上木 浩二・佐野 泰己
施工:石橋 謙司・佐野 泰己

元々はバスタブに浸かることがなくなったからと、
バスルームをシャワールームに改装することが出発点でした。
そしてその分のスペースでトイレを広げ、最新デザインの便器に。
別階にあるもう一つのトイレもドレッサールームのようにリフォーム。
これら3室の床材はお手入れしやすく、すべりにくく、冷たくないロボフロアを採用しました。

さらに、最初は計画になかったLDKの壁や天井にも手を加えることになりました。
LDKは11年前にリフォームをしたばかりで特に不都合もなかったのですが、
「今を楽しみたい」というご意向で今回の改装となりました。
とても感度の高い奥様がluis poulsenのペンダントライトCirqueを大いに気に入られ、
それに合わせて壁紙もコーディネートさせていただきました。

PAGE TOP