喜八工房

<imgsrc=”http://courageplus.com/wdps/images/kihachi4.jpg” alt=”クラージュプラス centro” />
Design:-
Color:-
Material:-
Size:-
Price:-




喜八工房(きはちこうぼう)は石川県の伝統工芸「山中漆器」の上塗師、二代目喜八が明治15年(1882年)に産地製造卸として創業。400年の歴史を誇る山中漆器は、会津塗、輪島塗と並ぶ日本で歴史ある漆塗の一つです。ロクロで漆椀の木地を成型する技術が特徴です。山中の木製漆器でもっとも古い喜八工房は、モダンで薄挽きの美しい器をつくる老舗のブランドで、古き良き日本を懐かしむだけでなく、ジャパニーズモダニズムをコンセプトに、漆器のある暮らしを提案します。
クラフトマンシップが脈々と受け継がれた技術者たちの、日本の伝統工芸の優れた技術と美を現代の暮らしに馴染むよう、洗練された漆器を作り続けています。
クラージュプラス
クラージュプラス
クラージュプラス
クラージュプラス
クラージュプラス
クラージュプラス

ページ上部へ戻る