KAY BOJESEN

クラージュプラス centro
  Design:-
Color:-
Material:-
Size:-
Price:-


カイ・ボイスンはGeorg Jensen(ジョージ・ジェンセン)で修行を積んだ後、1910年に銀細工師として独立しました。そして仲間とともに、優れたデンマークデザインを取り扱うセレクトショップ「Den Parmanente」を創り、ここでの活動を通して「機能性主義」のあり方をデンマーク工芸に強く示し、大きな影響を与えて来ました。
1930年代に入ると、カイ・ボイスンは木の魅力み目覚めました。そして木製のどうぶつ達を作ることは、「1つの製品は、丸みがあり、柔らかくそして手に持ったときには心地よさがなくてはならない」というカイ・ボイスンが大事にしていた信条にとても合っていました。また、「動物のデザインの中の“線”(ライン)は、“笑み”(smile)にならなければならない」そして「木製の動物は、本物の動物をそっくり真似したものであってはならない」というのもカイ・ボイスンが大事にしていた信条の1つでした。

これらの想いをもとに、カイ・ボイスンは、私たちの子供心にうったえかけてくるような、そして多くの人々に愛され、大事にされる木製の人形をたくさん作り、世界中の多くの人々の心を和ませてきました。

クラージュプラス
クラージュプラス
クラージュプラス
クラージュプラス


















ページ上部へ戻る